気づいた幸せ

自分を自分で大切にする。

バカらしいと思えても、自分自身で自分を労わる。

自分を嫌いな人は人を好きにはなれない。

ゆっくりと時間をかけていろんな経験をへて、私は自分を許すことが今、やっとできてきた。

自分なんてと卑下をすることもなくなり、日々のちょっとしたことに幸せを感じるようになった。

精一杯で仕事をして「ありがとう」の一言が嬉しい。

「ただいま」と言ったら「おかえり」と言われることが嬉しく感じるなんて・・。

1人で生きるためにどうしたらいいのか?と、真剣に考えていた頑なで可愛げがなかったあの頃から考えると、とても大きな心境の変化で。

相手の一言をマイナスに捉えたり「なんでこんなこともできないんだ(気づかなかない)」と感じなくなった。

私は私、人は人。

相手に同意されない感情でも、それが悪い=自分が悪いと内心オドオドすることも少なくなった。

それは、卑下ばかりしていたときも、自分を好きになろうと努力したからで。

自分を知ろうと、自問自答し続けたから。

そしてなによりも、私は周り恵まれていたからに他ならない。

「あなたはあなたのままでいいんだよ」と何度も、何度も、言い続けてくれた人達の愛情のおかげです。

悩んでしまうときもあるけれど、生きたいと思えることが幸せなんだとそう思います。

明日は必ずくるとは限らない。だから