まるっと認めて

勝手に、やってはいけないことを、言ってはいけないことを

決めつけているから、人と一緒にいると息がつまる。

1人になると安心する。

そんなことで「嫌わない」「信じて」と周りが言ってくれても

少しのマイナスな言葉で自分の全てを否定してしまう「癖」

その癖で生きるほうが楽だと思っているから、直したくても直せない。

直すという言葉さえ、自分が欠けているいように思えて、モヤモヤする弱さ。

自己肯定感の足りなさ。

嫌われる気がする、否定されている気がする、バカにされている気がする。

そんな気がするが、沢山ある。めんどうな性格。

あまり考えないようにして、モヤモヤした気持ちに平気な顔をすることが、ポジディブだって思ってきた。

自分が根にもたなければ、言わなければ心がざわつくこともない。

相手の気持ちに寄り添いすぎるから、ダメな人に依存される。

優しすぎるなら、誤解させないように異性には冷たいぐらいがちょうどいいと思っている極端さ。

モテることに罪悪感がある、可愛いわけでもない、猫をかぶるズルさもない、色気もない、媚びた洋服も着ない。

ないないだらけなのに、ただ少しその人が出会ったことがなかった優しさがあって、自分らしさがある私が物珍しいだけと思ってきた。

頷きは相手を全て、肯定している証拠でもないのに。

本当に大切な人には自分が思っていることは、違いがあっても口にするから。

目の前のどうでもいい人に頷くだけでモテることが、狡さのような気がして嫌だった。

異性に好意をよせられることは、嬉しいことよりも、煩わしさや、気持ち悪さという気持ちが勝っていて。

好きな人でさえ、私を異性として意識されている部分が見えると少し気持ちが落ち着かない。

それは、私は私でいいと丸ごとを受け入れていない証拠で。

いい加減、さよならしたい悪い癖である。

「私は、自分が思うほど嫌われていない」「自分が思うほど醜いわけじゃない」

『大好きだって言っているでしょう』

『いつも可愛いと言っているのに、全然、響いて(自信になって)いないよね』

友達の溜め息交じりの愛情を思い出すと、あとは私次第なんだ。

特別なものもない、自分なんかがじゃなくて、その人にとっては「私が好き」で「特別」なんだって

いい加減認めないと、そろそろ愛想をつかされる気がします。

前へ後ろへ行ったり来たり、めんどくさいけど、可愛いやつだと思うことにしよう。