読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近、思うことをつらつら

酔っぱらうと人の本音がでるなんて聞く、私はアルコールの手助けで陽気によく笑う。

ほんの少しのお酒で酔っぱらう、とても経済的な身体だ。

つまりは、私は物静かな仮面をかぶっていたのかもしれない。

おもちゃ箱をひっくり返したような明るさはない。

けれど、無理に感情をひっこめることはやめ、マイペースに感情を選択できるようになったと思う。

何より感情の方向性を、周りにあわせることがあまりなくなった。

隣にいる人が機嫌が悪くても、いくら愚痴をこぼしても、それはその本人の問題であって、私にはなんの関係もない。

だから、心にない同情もなぐさめもしない、ただ、肯定も否定もせず、頷くだけ。

するといういことは、自分もそうしてほしいというモールス信号で。

大変だったねとか、何かにつけて同情をしてくる方がいるのだか。

それは、その時の私の役割であり、できることをしてきただけなのだが、と内心思いながら。

その大変さとやらを、私の代わりに任せられるようになった隣人は、まず物事のスタートが「できないよ。」という言葉をいわないとできない人で。

できないの基準は、個人差もあると思う。

だけど、やりもしないのにできないという口癖はやめたほうがいいと私は思う。

できなかったときに、できないと周りに助けを求めればいい。

仕事がいくら山積みであっても、優先順位をつけて1つ、1つ、やり終えていけばいい。

周りの手をかりればいい。

自分「しか」できないとそう思うのであれば、それを重圧と捉えるのは自分勝手というものだ。

そういう決めつけをするから、自分で仕事を増やし、周りの手をかりようとはしないから、その部分がその人しかできない、対応できない物になってしまう。

甘え下手で、責任感が強く、プライドが高く、お姉さん病な人が陥りがちな悪循環。

私がやらなきゃ誰がやるの?

そうやって、自分の居場所を人に頼まれることで確保し、そこに自分が思い描くような褒め言葉がなければ崩れ落ちてしまうプライド。

とても、手間がかかる面倒な構造だ。

選ばれたい、求められたい。

哀しいことに、そういう人はあまり望んだ褒め言葉はもらえない。

無欲である人ほど、不思議と周りの評価が高い。

自分で選び、自分がどこまでできるのかを、過大評価していないからだと思う。

自分に自信もない、だから頼られる人になろう、頼られ器も持ち得ていないのに、それを願う。

自分で自分の首を絞めていくこの構造に、本人は気づくこともない。

もっとダメな自分を愛せばいいのに。

きっそんな自分を認めたときに、その連鎖から抜け出せるから。

 

私も昔は、お姉ちゃん病でした。今ではちゃっかり甘える妹になってしまいましたが

でも、今の自分のほうが好きです。

自分が思うよりも、自分はできた人間じゃない。

だけど、そんな自分でもそのままでいいと笑いながら、愛してくれる人たちがいると気づいてから重りがとても減ったような気がするんです。