読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリギリスの覚悟

窮屈さから抜けださない、なかなか。

「でも」とか「しょうがない」という類の相談ごとすら聞きながせない。

変わりたいけど、変わらないほうが「楽」だと不幸の渦の中からあえて動かない目の前の人たちの悩みに干渉しないようにはしている。

だけど、気に留める自分の弱さにも気が滅入ってきてしまう。

どんな理不尽さにも耐えぬくのは、ただ周りの目を気にしているから。

他人の身勝手さも、私は優しいからと口にはしないのは嫌われたくない保身。

身勝手さも、理不尽さも、我慢できるのは自分が優しいからだと勘違いしている。

その奥底にある保身をそっと隠して、自分を騙し、騙し、生きていく。

それは、優しさじゃないと全否定はできない。

だけど、自分で、面倒を避けるために苦を選ぶなら、自業自得でしかないんだ。

変われない今が、つまりは、苦しい今がその人たちには大切なんだと思った。

キリギリスになったからといって、堕落していくわけではない。

キリギリスになるにも、覚悟が必要だと私の相談事にのってくれた方がそう答えてくれた。

自分が会いたくもない人に、周りにあわせて時間とお金をつかう。

行きたくないと、心に過っても「No」と口にすることもでない。

自分は変れない、周りが変わればいい。

自分が我慢すればいい、言ったところでどうせわかってくれないから。

何もしないのに、何かが動くわけじゃない。

当たり前のことなのに、まるでシンデレラさながらに、ガラスの靴をもった王子様を待つ人のように見えてくる。

自分から何かすることは勇気が必要で、上手くいかない「かも」しれない。

けれど、何もしないで、その「かも」に怯えていたら何も変わらない。

溜め息をつくばかりの毎日が再放送みたいにやってくるだけなんだと思った。

言い訳はやめて、覚悟を決めて、変われない自分の弱さを見つめよう。と、自分にも言い聞かせた。

助骨が痛む

色々なことがある、退屈はしない日々。

不安とか不甲斐なさとか、くっついてはくるけれど。

人を変えようとモヤモヤするより、自分が変わればいいとそう思う。

でも、時々、誰かに弱音をポロリとこぼしたくなる。

弱さを邪魔にせずに、今、できることを精一杯。

 

今は、ベッドから抜け出すことに全力投球。

冬の朝のお決まりの戦い。

 

 

誰が決めた、その手順

人の持っているものは素敵に煌めく。

人と比べ、見劣りするものしかない気さえした。

生きづらさの理由なんて、山のように思いつく癖もあきた。

 

選んでもらいたい、愛されたいだけど、選んでもらう「きっかけ」は相手に要求。

て、なんだかとても上から目線な気がして思わず口にでてしまった「プライド高いね。」と

昨日の自分を前にしたような相談に、思わずでてしまった言葉。

 

時間は平等に過ぎていく。何もしなくても、口にしなくても時間だけは過ぎていく。

男勝りに生きたいと思っているわけでもない。

でも、会いたいという気持ちを伝えることに順番は関係あるのかな?

「あなたと会いたい。」という気持ちを裏にして誘うだけ。

返信という結論を勝手に予想して、言い訳にせずに真っ直ぐ伝える。

高鳴る鼓動もわるくない。

私には、言い訳の盾はもういらない。

 

相手にとって、大嫌いな瞬間が私の中にあっても

それでもしめくくる言葉が「今日も、楽しかったよ」と、言いあえるなら

勝手に想ったままでいようと、思える不思議。

 

花はミツバチを探しに行かないでしょう?と好きな芸人さんは言うけれど。

私は、この口で伝え、この足で会いに行ってしまう。

ダメウーマンでいいのです。

めんどくさがり

真っ白いキャンバスが生きていくうちに、色んな感情に色づいていく。

立ち止まり、空を見上げても雲は流れる。

置いていかないでと、幼い私ならそう思うのかもしれない。

1人で生きていくことの不安より、1人で生きていることの安心を考える。

傷つき、傷つけ。それでも、隙間を埋めるみたいに誰かと一緒にいることが幸せなのかな?

時々、そんなことを考える。屁理屈と言われたら、それまでなんだけど。

 

歌って、眠って、ぼんやりするために働いて

あとは、煩わしいとさえ思う弱さ。

部屋が綺麗でも、私は干物女だ。

だって、あとはめんどくしゃいのです。

 

時間と距離

14年ぶりに再会した目の前の彼に、あの頃の面影を探した。

面影すら頭が再生しないのに探す矛盾、懐かしさという距離も感じない不思議。

斜め横を見つめながら話す彼に、私はどう映っているんだろう?

ほんの数時間、ただ他愛もない話をした。

お互いの日常や、あのライブハウスはなくなって、こんなライブハウスができたんだ。とか

ほんとうに他愛もない話を、互いに好き勝手に並べていった数時間。

お互いの共通点は昔から変わらない、音楽が好きだということ。

と、多分、性格の構造がほんの少し似ているということだと思う。

日々、仕事に追われている彼ともう会うこともないのかもしれない。

また会うこともあるのかもしれない。

帰り際「また、東京へ来ることがあったら連絡くださいな。」とそう一言

友達とは不思議なもので、距離や時間がどんなにあったとしても再会した瞬間に

なんの違和感も距離感も感じないんだと、そう思うんです。

ポラリスになりたい

周りに恵まれているとしかいいようがない。

口にするとなんだか、恥ずかしくなる事実。

裏返し捻くれようがない事実。

 

新年の挨拶を画面越しに、葉書越しにしながら感じたこと。

その人のもっている優しさが、私にうつって優しい自分になれる。

いつも優しさをありがとう。と、書かれた言葉に首をひねりながら

あぁ、なるほどと。なんとなく、そう結論付けた。

 

何十年、会うことがなくてもつながりに違和感を覚えない。

会えないからと、不安になるわけでもない。

時々、交わす言葉に温もりを感じ、お互いの幸せを願う。

忙しなく動く心臓が終るまで、色んなことがおきる。

息をすることさえ煩わしいことだってある。

一息つきたいときもある、空っぽになって空を見上げ

憂い悲しみ、自分を蔑む。自分の必要性だとかを、誰かに預けたい日もある。

だけど、それがずっと続いて自分を否定するほどに、慢性的な風邪をこじらせているみたいに咳がとまらず、いつでも息苦しいのは嫌だ。

ちゃんとしなくたっていい、これでいいと思えることも大切だなって。

 

「そのままでいい」と、繰り返し、繰り返し、言ってくれた人がいるから今がある。

なんの見返りも求めない、優しさ。

「そのままでも、私は好きだよ」なんだその殺し文句はと、その言葉に泣き笑いしたことを

何度となく助けられた昨日を思い出す。

 

 

年明けて

年明けて、振り返り思うこと。

「1人」の時間を、自分を、もっと尊重して生きていこう。

時間には限りがある。だからこそ、自分が興味がもてるものにふれていきたい。

何かに急かされ、何かが不足している気分になる。

この漠然とした寂しさも、不安も、自分が生きていくうえで必要と思えれば。

過分なものを考え、とても単純な発想だけどまずは洋服を。

携帯電話の画面を見る時間を減らそうと思った。

今だって、周りと比べれば使う頻度は少ないのかもしれないけれど、何だかまだこの画面に振り回されている気がしているからで。

 

独特な自分を、変えようがない好きを大切にしたい。し、できるのは自分自身だということ。

ぞんざいに扱っていると、周りからもそう扱われるということを、何度も胸に留める。

沢山、音楽を聞いて、歌って

沢山、本を読み

沢山、大切な人たちと言葉を重ね

日々、色んな感情を楽しみたい

素直で在ることを、難しくしないことが、今年、一番の目標です。